粉瘤・皮膚腫瘍・皮膚癌

一般にシコリ、デキモノ、コブ、いぼ、傷アトなどとよばれるものの中に「皮膚腫瘍」という疾患がまざっています。ゆっくり増殖してその場所にとどまるものを「良性腫瘍」、急速に増大したり体のほかの場所に転移していくものを「悪性腫瘍(皮膚癌)」と呼んでいます。
皮膚腫瘍には良性・悪性含めて100種類以上の疾患があり、正確な診断を下すには腫瘍細胞の検査が必要になります。
日常よく見られるものを挙げてみましょう。

粉瘤(ふんりゅう)

皮膚の一部が袋状に変化して内部に垢などの老排物をため込んだものです。
最初は米粒程度の大きさですが、徐々に増大します。
粉瘤は感染している場合と感染していない場合とで、治療や経過が異なります。

感染していないもの
特徴 痛みがなく、硬いものは感染していません。すぐに手術して除去できます。
治療 外科手術で袋を摘出し、縫合します。
(30分程度の日帰り手術、事前の血液検査必須、完全予約制)
料金 15,000円程度(保険が3割負担の場合)
経過 施術当日は運動、飲酒、入浴(シャワー)は避けてください。
翌日からはシャワーは可能です。
1週間後に抜糸、その後はテープで保護します。
(入浴可)抜糸後は日常生活の制限はありません。
手術痕は線状の傷跡になり、1年程度で目立たなくなります。
(体質や部位により、傷跡が目立って残る場合もあります。)
感染しているもの
特徴 赤く腫れて、痛みがあり、ブヨブヨ柔らかいものは感染性粉瘤です。
このような場合はすぐに除去できません。切開排膿し、中にガーゼを入れて消毒します。ガーゼ交換を繰り返し、粉瘤の中をキレイにします(1~2週間)。
ガーゼを除去し、傷がふさがり、しこりが小さくなるのを待ちます(2~4週間)。
しこりが十分小さくなれば、外科手術によりしこりを除去する手術を行ないます(感染していないものと同様)。

皮膚腫瘍

脂肪腫

皮下脂肪の一部が増殖してしこりになったものです。
数年かけて徐々に増大し、神経を圧迫して痛くなることもあります。
治療には手術が必要です。

料金
15,000円程度(保険が3割負担の場合)

汗管腫

眼の周りに白または褐色のブツブツが多数できるものです。
汗を出す管(汗管)の細胞が増殖してできた良性腫瘍です。
治療は炭酸ガスレーザーを用いて行いますが、完治させるわけではないため数年で再発するケースが多く見られます。

料金
5,000~12,000円程度(保険が3割負担の場合)

炭酸ガスレーザーについての詳細へ

血管腫

一般に赤ぼくろと呼ばれています。
毛細血管が増殖し、赤くドーム状に隆起した腫瘍です。
炭酸ガスレーザーで根治させることが出来ます。

料金
7,000~12,000円程度(保険が3割負担の場合)

炭酸ガスレーザーについての詳細へ

基底細胞がん

顔面など紫外線が当たる部位に出来ることが知られています。
米粒大、黒褐色の軽度隆起した病変で、ほくろやいぼに間違えられやすい腫瘍です。 早めに手術を行い、除去すれば転移の可能性は低く、完治できます。

料金
35,000円程度(保険が3割負担の場合)