たるみ

年齢を重ねるにつれて、顔のたるみが現れる根本原因は加齢による老化です。
肌の真皮層には、ハリや弾力を保つために必要なコラーゲンとエラスチンが網状に張り巡らされています。これが加齢により減少して、肌のハリや弾力が失われて肌を支えられずに、たるみが現れます。
外的原因としては、乾燥による水分の低下や紫外線(UV‐A波)のダメージなどにより、ハリや弾力が低下します。
また、真皮層だけでなく、さらに肌深部の脂肪や筋膜などもゆるみ、下垂していきます。
さらに、筋肉が拘縮・肥大したり、骨格が損失・後退が起こったり、顔の土台部分が変化するため、たるみは進行します。
たるみは、年齢を重ねるごとに肌深層の治療が必要になります。

たるみはどこの部分にも起き、ほうれい線やマリオネットラインやゴルゴラインが現れるのもたるみが原因です。
フェイスラインがぼやけたり、あご裏がたるむと首との境界線が不明瞭となります。
頬の一番高い部分が下がったり、上まぶたが下がったりします。

また、たるみにより頬やフェイスラインには「たるみじわ」が現れてきます。しわについてはしわの詳細ページをご確認ください。
しわやたるみを取り除くだけで、人により5~10歳若く見えるようになると言われています。
早期に改善させることで、その後の見た目年齢が大きく変わってきます。

治療

ダブロ

高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)を利用し、従来の機械では届かなかった筋膜層まで強い熱を与えます。
メスを使わない自然なフェイスリフトとも呼ばれ、強力なたるみ改善が期待できる機械です。
エラスチンの増加やコラーゲンの生成が促進され、ハリ感がアップして肌のキメが整い美肌効果も期待できます。

施術詳細

エクシリス

ラジオ波と超音波を同時に照射して、タイトニングとリフトアップが可能な治療です。
真皮~皮下脂肪に対して最適な治療効果をもたらす技術により、ゆるんだ肌を引き締め・たるみやしわの改善、ハリ感を実感できます。
ホットストーンマッサージを受けているような、リラックスした施術です。

施術詳細

ジェネシス/リフトアップレーザー

波長1064nmのロングパルスYAGレーザーを空中照射する施術です。
真皮層の線維芽細胞を加熱することにより、コラーゲンの増生を促し、肌のハリ・弾力がアップします。また、肌を引き締め、キメの整った肌へと導きます。

施術詳細

スキンリファーム

高周波と赤外線の2つのエネルギーを使って、肌の引き締め(スキンタイトニング)やハリ感を出すことで肌のたるみを改善していく治療法です。
高周波単一の照射でもハリ感を出すことは可能ですが、高周波と赤外線を同時照射することで、直後から引き締め効果、ハリ感と弾力が得られます。

施術詳細

スキンタイトⅡ

800~1400nmの近赤外線を照射し、皮膚に効率的に熱を与えることでヒートショックプロテイン(HSP:熱やストレスなどの刺激で体内で増える、傷付いた細胞を修復するたんぱく質のこと)を放出させます。HSPの影響を受け、再生の際、繊維芽細胞が活性化され、新たなコラーゲン・エラスチンが産生されることで肌のハリやツヤ、弾力を与え、小じわを改善させる効果があります。

施術詳細

Vビームレーザー

VbeamⅡの595nmのレーザー波長は、従来のダイレーザーに比べて皮膚深達性に優れている特長から、肌深部の線維芽細胞を刺激し、コラーゲン・エラスチンの産生を強力に促すため、皮膚にハリを与え小じわを改善する効果があります。真皮に熱が入りやすいため、改善効果が高いとされています。

施術詳細

CO2フラクショナルレーザー

レーザーは無数の「点」で照射され、その点一つ一つが細かい穴のように蒸散されます。同時に蒸散した皮膚の内側に熱を伝え、コラーゲンが生成され、皮膚の上皮化と共に皮膚再生が促されます。それにより、小じわやたるみを改善させます。

施術詳細

LEDヒーライトⅡ

医療用LEDのほんのり温かい光を11分間照射する治療です。
筋肉層まで働きかけて筋繊維を太くし、密度の高いものへ変えていきます。また、コラーゲン・エラスチンを増産することにより、ハリ感がアップしてしわ・たるみを改善させます。

施術詳細

ヒアルロン酸

リフト力の高いボリューマを使用します。年齢に伴い骨が委縮することにより減少したボリュームを取り戻し、リフト力が高いためたるみも改善します。皮膚を引き上げた状態で注入することで、皮膚の中で支柱の役割を果たし、皮膚を上に引っ張り上げます。親和性が高く、皮膚組織となじみやすいため、自然な仕上がりになります。
世界で唯一、骨の委縮を補うことのできるヒアルロン酸で、厚生労働省の認可を受けている承認品を取り扱っております。

施術詳細